トヨタ

2010年02月03日

沈まぬ太陽の国民航空と最近の北米におけるトヨタ

「沈まぬ太陽」観ました。途中で10分間のintermission(休憩)が入る長編ですが、しんどくならずに没頭できました。

封切り時には、JALから圧力がかかったというとおり、昔の日航の一部の酷い体質が浮き彫りにされていますね。

くしくも現在の経営破綻とタイミングが合ってしまいましたね(;^_^A

いまTV放映中の不毛地帯や、白い巨塔に魅入られた私としては、満足度の高い映画でした。

[蛇足]

昨今の北米におけるトヨタの狼狽ぶりというか対応のまずさは、この映画の国民航空とちょっとシンクロしてしまい不安になるのは私だけでしょうか。

リコール問題が解決しないまま、また新たな事故が発生したり、社長がマスコミに対応しないとか、社長は実はアウディに乗っているとか…。

大丈夫ですか。




モバイル





mineshingo at 11:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
スポンサーリンク
月別アーカイブ