生命保険

2009年06月02日

契約者と受取人が同時に亡くなったら保険金は誰が?

契約の夫・受取人の妻同時死亡、生命保険は妻側相続人に (最高裁)

 生命保険の契約者の夫(被保険者)と、受取人である妻が同時に死亡した場合、誰に保険金を受け取る権利があるかが争われた2件の訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は2日、妻側の法定相続人のみが受け取る権利があるとの判断を示し、保険会社などの上告を棄却した。妻側の勝訴が確定した。

 被保険者と受取人が同時に死亡した場合、遺族の誰に保険金が支払われるかは保険会社によって異なるケースもあった。航空機事故や災害などで同様の例が起こり得るため、この日の最高裁の判断で、保険会社は約款の見直しなど対応を迫られそうだ。

 同小法廷は判決理由で、「夫婦が同時に死亡した場合、夫やその親族は、保険金の受取人である妻の法定相続人にはならない。そのため、保険金を受け取る権利があるのは、妻の親族のみとなる」との判断を示した。


mineshingo at 18:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年06月01日

かんぽ生命の不払い問題

去る5月29日のニュースで、かんぽ生命の不払い問題が出てました。
最大40万件とか。保険の不払いが問題になり始めて数年。
もう慣れっこになり、またか、の感がなきにしもあらず。

不払いといっても、2つあります。
?残念ながらお支払いできないケースです。
?本当に払うべきものなのに払っていない。

?の例としては、いわゆる「免責事項」というやつです。
保険に加入するときに必ず渡される冊子「約款」に書かれていますが、
・2年以内の自殺
・契約者の虚偽の告知(加入するときに病歴を言わなかったとか)
などです。

余談ですが、電話や折込などのいわゆる通販で加入した保険ほど、
支払う時に根堀り葉堀り調べられてしまうケースが多いようです。
まあ、保険会社の立場からすれば、申し込み時には実際に会ってない
のですから、リスクヘッジの意味では当然かもしれません。

?の例、多いのは、受け取る側の請求忘れ。
これはもったいないですね。 保険は、加入する時は契約者が
手続きしますので、極端な場合、受取人は保険に入っていること
自体知らない、なんてこともあります。

知らなければ請求しません(できません)し、保険会社も請求され
ないと支払いません。

・保険はすべて奥様が管理していたけれど、職場で入った保険が別にあった。
・保険証券を失くしていたので忘れていた。
・払い終わった保険があったのを忘れていた
などなど、いろんなケースがあります。

なので、自分の入っている保険の担当者とは、夫婦で(あるいは家族で)
付き合いしておくほうがいいかもしれません。




mineshingo at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
スポンサーリンク
月別アーカイブ