明るいニュース

2013年04月23日

大学ラグビー(といっても関西やねんけど)

先日、日本代表CTBで歴代最多キャップを持つ神戸製鋼の元木由記雄氏が、京都産業大学のコーチに就任というニュースを見た。


京都産業大学といえば、関西の大学ラグビー界では、同志社大学と肩を並べる伝統校。平尾・大八木・林といったスターを擁し、大学選手権3連覇を成し遂げ、関西の雄であるスター軍団同志社大学に、無名選手の集団ながら練習量の多さと練習の厳しさで対抗する京産大、いつしか関西リーグの最終戦はいつも同大vs京産大のカードがお決まりとなっていた。


僕はといえば、それまでラグビーなんてもちろんやったこともなく、TVドラマでスクールウォーズを見て少し興味を持ったものの、前に投げてはいけない、トライしたら4点入る(当時はね、)、15人で行う、ぐらいしか知らなかった。

ところが、テレビ中継で試合を観たり、宝ヶ池競技場に足を運び(連れどうしのひまつぶしか)、生で試合を観たときには、なんやこれ、けっこうおもしろい、楽しい(観戦がね、)・・となり、

知らず知らず、しかしどんどん、ひきこまれ、のめりこんでいったのだ。


冬枯れの芝生、楕円形のボールを泥臭くも愚直に前へと運ぶ。当時の京産大といえば、強力なスクラム。
スクラムだけは同志社はもちろん、関東の強豪校にだって負けない。早稲田のスクラムは粉砕し、明治にだって互角以上、むしろ押し込むこともあった。(でもめったに勝てなかったけど)

大学選手権、花園で早稲田を倒したときは感無量だっただよぉぉ。

ユーミンの、「ノーサイド」がラグビーのことだと知ったのもこの頃。
ノーサイド、いいなあ。メロディーも歌詞も、なんか泣ける。




前田選手がいて大学選手権で初めて準決勝進出し、国立競技場で明大を相手に前半を15−3で終え、TVで見てるこっちもびっくりした時から、(後半は0点に抑えられて負けた)、吉田明選手の時代、日本一のキッカー廣瀬選手のいた時代、そして快速ウイング誰もが知ってる大畑大介の時代。

当時、まだ創立20年前後で、新興大学だった京都産大、就職活動のレベルでも合コンの人気度でも、世間の評判でも、関西では関関同立や国立大にはなかなか及ばず、頑張れど伝統のある大学にはもう1歩及ばない、そんな状態と、産大ラグビー部の、「スター選手は少ないけれど、一生懸命に力をつけてきて、伝統校と互角に渡り合えるところまできつつも、あともう1歩届きそうでとどかない。」という境遇を勝手にダブらせてたかもしれない。


それ以降、ラグビー部の成績が低迷していくのと時を同じくして自分も京阪神を離れ、すっかり応援に行くこともなくなり、最近ではTV中継ですら見られない。淋しいかな、選手もまったく知らなくなってしまった。


最近は天理大が関西勢では唯一気を吐き、関東の強豪と互角に戦っているが、やっぱり同志社、京産大が強くないと関西リーグは盛り上がらない。(大体大もね)

元木さん、よろしくたのんまっせ。




mineshingo at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年02月27日

浅田真央(^^)v 銀メダル!

浅田真央、残念でしたね。

試合が終わった後の、悔しそうな様子が印象的でした。彼女が今回目指していたのは金メダル。そこに届かなかったことで、悔しがる姿、涙は正直で美しいと思います。きれいごとを言わず、悔しいときは我慢しないで存分に泣く。

ただそれをいつまでも長引かせず、まずは良い仕事をした自分にご褒美をあげて、それを確実に学びに転化する。脱皮する。

挑戦した3アクセルを成功させたことだけは良かったと、プラス面も自分で認めていました。

そして翌日はステキな笑顔です。

ここに浅田真央のスゴさがあるんですね。


mineshingo at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年12月04日

オオサンショウウオ寄贈

広島市安佐動物公園で繁殖・飼育された国の特別天然記念物オオサンショウウオ6匹が、米ワシントンのスミソニアン協会国立動物園に寄贈されることになった。

11歳の雌雄各2匹と19歳の雌2匹。米側の依頼で平成18年に寄贈の契約を結び、専用の水槽で大切に育てられてきた。広島を6日出発、成田経由で空輸される。


mineshingo at 07:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年09月30日

HV並み低燃費のガソリン車

マツダは今年の第41回東京モーターショーで試作車「清(きよら)」を公開。ガソリンで駆動するエンジンだけで、ハイブリッド車並の低燃費。平成27年頃に市販予定。1300CCでリッター32キロだそうだ。

価格は現在のエンジン車と同等で各社のHVやEVより安いらしい。


少し前のガソリン価格高騰や地球温暖化の問題にECOの風潮で、ハイブリッド車人気がうなぎ登りの中、マツダがんばりますね〜。

CO2排出量の点から考えると、実はHV車やEV車はガソリン車に比べて製造段階で多量のCO2を排出しているので、週末限定ドライバーなんかだと10年以上とか10万キロ以上とか乗って初めて地球にやさしいといえるそうです。

排出量の観点から考えたら、普通にガソリン車を購入して乗ってもあまりかわらない。というのをデータを示して検証しているのを何かで読んだことがあります。

でも、そんなことはメーカーはもちろん言わないし、メディアも報道しない。

HV車は儲かるし、メディアにとっては自動車メーカーはとても大事なスポンサーだから。商業主義の中では本当の情報はなかなか見つけにくい。

この情報だってもしかしたらバイアスがかかっているかもしれない。

テレビなんて特にそう。見せ方によって視聴者を好きなように誘導できる。

だから何もかもそのまま鵜呑みにしないことが大事出すね。とはいっても知らず知らず少しずつみんな誘導されてるんですよ(+_+)

いちばんいいのはテレビを見ないこと。新聞も読まないこと。あるいは新聞読むなら全紙読む、そして週刊誌もたくさん。その上で疑いの目を持って読む。

…って、そんなこと無理やなあ(;^_^A


mineshingo at 08:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年09月18日

「ユキオ・ハトヤマ」一時2位に


 ……鳩山由紀夫内閣が発足した16日、米ヤフーの検索ランキングで「ユキオ・ハトヤマ」が一時、2位に躍り出た。米市民の間でも日本の政権交代への関心が高いことが浮き彫りになった。
 「ハトヤマ」はCNNテレビなど米メディアが新内閣発足を報じたのを受け、米東部時間の正午ごろ2位にランクイン。1位は同日、米上院選に出馬するため辞任を表明した米最大のプロレス団体WWE最高経営責任者(CEO)、リンダ・マクマホン氏だった……

米国民のあいだで、そんなに関心が高いとは正直驚きました。

たとえば、韓国が歴史的政権交代があったとして、日本国内で検索ランキング2位になるほど関心が高まるかと想像してみるとどうだろうか。

たとえが韓国でなく、中国なら…うーん( ̄〜 ̄;)どうかな。

意外と、アメリカ人より日本人のほうが、他国に関心がないかもしれないですね〜。

杞憂でしょうか(^-^;)


mineshingo at 10:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
スポンサーリンク
月別アーカイブ