健康のこと

2013年04月11日

長期疾病を想定しない医療保険制度

中央公論の2013年3月号に、経済学者の松井彰彦氏が「長期疾病を想定しない医療保険制度を改めよう」という時評を載せている。

氏は、今の制度としての医療保険が「保険」としての機能を十分果たしていないのではないか、という観点で次のような問いをしている。

「あなたが自動車保険に加入するとして、次の2種類の保険のうちどちらを選びますか

(A) 5万円までは全額自己負担で、5万円を超える部分は自己負担ゼロ

(B) 1500万円までは自己負担が3割で、それ以降の自己負担はゼロ

僕なら(A)だな、と思って読むと、氏があちこちで質問したところ9割以上がやっぱり(A)が良いと。

しかるに、現在の医療保険制度は(B)に近いカタチになっていると。


日本の医療制度には、高額な医療費の自己負担を避けるために高額療養費制度があるけれど、1回きりの手術や投薬を想定して作られていて、長期にわたって継続的にかかる医療費には対応していない、と述べる。

そこでちょっとシミュレートしてみた。

たとえば現在のところ70歳未満で所得区分が一般の場合だと自己負担の上限は

80,100円+(医療費−267,000円)×1%

もし仮に、入院・手術・退院後の通院などで3か月間病院にかかり、医療費が単純に月100万円だと自己負担額が3割で30万円、そして式にあてはめると、

80,100円+(100万円−267,000円)×1%=87,430円
これが3か月だから×3で、262,290円

(実際は、食事代やらテレビカードやら着替え、ちょっとした身の回りのものなど、チリも積もれば式でさらにお金がかかる。個室になれば差額ベッド代かかる。気づけばどんどん増えるのだ)

いまや、入院は比較的短く済んだとしても、長期間にわたる高額な薬の服用や、通院治療を伴う傾向になってきている。医療技術の発達でこれからますますこの傾向にあるだろう。


この日本の保険制度は現状に合っていないという松井氏は、政府もこの問題に気づいているはずで、それは保険財政の問題ではなく、システム改修費の問題だと指摘しています。



参考:厚労省HP

mineshingo at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
スポンサーリンク
月別アーカイブ