2013年10月10日

ドミノ倒し



ドミノ倒し

とある地方都市である月影市で、私立探偵業を営む十村(とむら)のもとに、
美人の依頼者がやってきた・・・
ところから物語ははじまる。

殺人事件についての依頼だったのだが、調べるほどに
次々と別の未解決殺人事件へとつながっていく。

貫井さんの作品としては、シリアスではなく、やわらかめ
の、ユーモアを含んだ作品のように展開していく。

でも、最後まで読むとしっかりとミステリーになっていると
いう内容。

貫井ワールドにどっぷりと浸りたいときは乱反射とかを、
軽いタッチで肩肘張らずに読みたいときはこれがおすすめ。






mineshingo at 22:27│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 本・雑誌(読みました!) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
月別アーカイブ