2013年07月26日

白銀ジャック



白銀ジャック (実業之日本社文庫)

その名の通り、スキー場での話だ。
これもまた、頭に映像が浮かびやすく、イメージしやすい。
すらすらとストレスなく読み進められて、
そうですねえ・・・、
列車の旅のお供に最適な感じです。

しかも、
途中ですべて予想がついてしまって拍子抜け、
なんてことがなく、
そういう意味で東野さんの作品は
はずれがないですね。

これは、まだ映像化されていないと思うのですが、
ドラマや映画になってもおかしくない。

キャストは誰がいいかな、なんて考えながら読むのも
いいかもしれません。

社長はやっぱり、○○だな。
少ししか出てこないけど、隣町の食堂の主人は
△△が 似合いそう・・などと。

mineshingo at 17:47│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 本・雑誌(読みました!) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
月別アーカイブ