2013年05月14日

ブラックボックス





「ブラックボックス」 篠田節子【著】

単行本494ページと、読み応え十分。
しかも飽きることのない話の展開。

だいたい小説を読む時間は、

就寝前、昼食の後、電車の中(今はほとんど機会がない)
が主だけれど、なんとか隙間時間をみつけて続きが読み
たくなるほど、まあ、おもしろかった。


食品工場の問題、派遣労働、外国人労働者の環境問題
現代そしてこれからの食べ物の安全性・・・

フィクションでありながら、とても現実感のあるストーリー。

食品添加物や残留農薬など、定められている基準内であれ
ば無害とみなす。規制されていない物質なら問題ない、と
いった感覚。

経済活動の中ではそうなることも致し方ないのかもしれない
が、消費者はもう信用するしかないので、怖いですね。

なにか、原発の放射性廃棄物や放射能の問題にも
似ている。


印象深い箇所をいつものように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
多少とも夢を抱いて日本にやってきたかもしれない若い
女性たちを、労働コスト削減に血道を上げる企業と、
寒くて荒涼とした地方都市の風景が、日本嫌いに育てて
故国に帰している。

過去の戦争がどうのこうのではない。
こうしたことのすべてが、反日というよりは、嫌日の感情
をせっせと紡いでいる。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うまみ成分については表示の義務はないよ。
食品添加物ではないから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちゃんとした作り方をすれば、植物というのは、自分で
虫除けをするものなんだ。
蝋のような物質で葉を覆ったり、虫の嫌いな物質を出し
たりして。

農薬をかけたり、化学肥料を突っ込んだりしているうちに
植物は生命力を失う。

種苗会社はそうしないと育たない品種を作り出して、
農薬や化学肥料とマッチポンプで儲ける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


mineshingo at 00:51│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 本・雑誌(読みました!) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
月別アーカイブ