2013年05月02日

挑戦者たち〜甲子園と高校野球 挑み続ける男たち〜



ノンフィクションが7つ。

ほとんどが、指導者目線の内容なんだけれど、
これはねえ、、けっこう感動しました。それぞれ。

野球にかける思い、情熱、
生徒たちを思う気持ち、愛情、
創意工夫と、向上心

(文章のまとめ方がまた上手なのだ。)

野球だけじゃなく、サッカーもバレーもテニスも柔道も
すべてのスポーツにおいて共通しているところですが、

指導者も選手もいかに志や目標を持ってやるか

それは、教育者と生徒、企業人の間でも同じことでしょう。

今回、ほんとにたくさん印象的な部分があり、
赤線とか引きながら読んだらたぶん真っ赤に
なるぐらいだが、

恒例の、気になったところを少し書いてみる。
これはほんの一部だから、ぜひ手にとって
読んでみてほしいですね。おすすめの1冊です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目標というのは、努力だけではなかなか達成できない
けど、目的は達成できると思うんです。

ウチは「日本一になろう」というのが目標で、
目的は「社会に出て行く時のために、しっかり
リーダーになっていこう」というもの。

3年間常に自分を高めるために頑張って、
最大限自分の力を発揮するということが
できていたら、将来的にはいろんな場所で
必ず生きてくる。

だから、目標を達成できるのは
全国て4200校あるうちの1校かもしれないけど、

目的を達成することに関しては、
そのすべての高校が、
全員が成し遂げられるものなのだから、
まずそちらを追い掛けていく。

そのうえで日本一という、
俺たちは両方を追い掛けていく3年間
なのだから、

お前らは誰も敗者なんかじゃないんだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

mineshingo at 02:08│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 本・雑誌(読みました!) | スポーツ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
月別アーカイブ