2013年04月21日

廃墟建築士。 その2

4編ある中で、いちばん読み応えあった「七階闘争」につづき、まあ面白かったのは「図書館」

夜になると、図書館では蔵書が空中を飛び回り、それを夜の開館で一般客に見せる、それを専門とする職業があって・・・とこれもまた、奇想天外な話。

ただ、結びで、こんな記述があり、印象的だった。

・・・・・・・・・
我々傲慢な人間は、時にすべてを意のままに扱えると錯覚をおこしがちだ。だが、自然は人とは違う時間と秩序で超然と存在し、忘れた頃に情け容赦なくすべてを蹂躙し、無に帰する。人間の営みもまた、秩序の中の要素にしか過ぎぬことを知らしめようとするようだ。我々は自然の手の上で弄ばれていることに気付かずに羽目を外しすぎ、いつか掌を返されて慌てふためくのだろう。
・・・・・・・・・

映画ジュラシックパークで、恐竜をよみがえらせて、それを統御しようとして結局破綻したINGEN社を思い出しました。

ちなみにこれが書かれたのは小説すばる2008年10月号のようなので、東日本大震災よりは前ですね。


本のタイトルにもなっている「廃墟建築士」

こちらのほうは、あんまりピンとくるものはなかったなあ。





mineshingo at 20:24│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 本・雑誌(読みました!) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
月別アーカイブ