2013年04月06日

甲子園での連投の問題

http://news.livedoor.com/article/detail/7569215/

結構しっかり分析されてますね。
確かに春夏(特に夏)の甲子園大会は、とてつもなく大きい存在ですよね。選手にとっても学校にとっても。関係者だけじゃなく周りの注目度もものすごいし。

高校のクラブ活動という見方をすれば、野球で甲子園で優勝するのと、マイナーな競技で高校総体日本一になるのと、同じ日本一なのに、まったくまったく違いますもんね。。

文中で、
>近い将来、甲子園で大活躍した投手を擁するチームの監督が、「彼は投げすぎです。彼の将来を考えて、
>決勝戦では投げさせません」と明言する姿を見てみたい。
>そのときに、日本の野球は変わるのではないか。

とありますが、かつてのPL学園は、複数の投手体制にしていたし、智弁和歌山なんかは必ず3人ぐらいは投手を用意する。過去に高塚投手という例外はあったけれどね。 
まあ、それでも今回の済美高校の安楽くんのように、絶対的エースが生まれた年にあたったら、エースと心中ってことになるのかなあ。

保護者や、講演会や学校、OB・・・いろいろすていくほるだーというか、利害関係者というか、ああ。複雑だ。

メジャーやWBCの流れを考えると、球数制限、イニング制限など規制の方向に向かうのは時代の流れでしょうね。

mineshingo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック スポーツ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
月別アーカイブ