2009年04月15日

ダブルファンタジー4

ダブルファンタジー/村山由佳(著)/文藝春秋

―女としてまだ間に合う間に、この先どれだけ身も心も燃やし尽くせる相手に出会えるだろう。何回、脳みそまで蕩けるセックスができるだろう。そのためなら、そのためだけにでも、誰を裏切ろうが傷つけようがかまわない。そのかわり、結果はすべて自分で引き受けてみせる―

主人公の奈津の心理描写はさすが女性作家ならではに思える。

最後まで飽きずに読み切りました。Amazonの書評は賛否両論やけど、自分としては面白かった〓〓




mineshingo at 19:48│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 本・雑誌(読みました!) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
月別アーカイブ