2009年09月30日

HV並み低燃費のガソリン車

マツダは今年の第41回東京モーターショーで試作車「清(きよら)」を公開。ガソリンで駆動するエンジンだけで、ハイブリッド車並の低燃費。平成27年頃に市販予定。1300CCでリッター32キロだそうだ。

価格は現在のエンジン車と同等で各社のHVやEVより安いらしい。


少し前のガソリン価格高騰や地球温暖化の問題にECOの風潮で、ハイブリッド車人気がうなぎ登りの中、マツダがんばりますね〜。

CO2排出量の点から考えると、実はHV車やEV車はガソリン車に比べて製造段階で多量のCO2を排出しているので、週末限定ドライバーなんかだと10年以上とか10万キロ以上とか乗って初めて地球にやさしいといえるそうです。

排出量の観点から考えたら、普通にガソリン車を購入して乗ってもあまりかわらない。というのをデータを示して検証しているのを何かで読んだことがあります。

でも、そんなことはメーカーはもちろん言わないし、メディアも報道しない。

HV車は儲かるし、メディアにとっては自動車メーカーはとても大事なスポンサーだから。商業主義の中では本当の情報はなかなか見つけにくい。

この情報だってもしかしたらバイアスがかかっているかもしれない。

テレビなんて特にそう。見せ方によって視聴者を好きなように誘導できる。

だから何もかもそのまま鵜呑みにしないことが大事出すね。とはいっても知らず知らず少しずつみんな誘導されてるんですよ(+_+)

いちばんいいのはテレビを見ないこと。新聞も読まないこと。あるいは新聞読むなら全紙読む、そして週刊誌もたくさん。その上で疑いの目を持って読む。

…って、そんなこと無理やなあ(;^_^A


mineshingo at 08:53│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 明るいニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
月別アーカイブ