2013年04月11日

長期疾病を想定しない医療保険制度

中央公論の2013年3月号に、経済学者の松井彰彦氏が「長期疾病を想定しない医療保険制度を改めよう」という時評を載せている。

氏は、今の制度としての医療保険が「保険」としての機能を十分果たしていないのではないか、という観点で次のような問いをしている。

「あなたが自動車保険に加入するとして、次の2種類の保険のうちどちらを選びますか

(A) 5万円までは全額自己負担で、5万円を超える部分は自己負担ゼロ

(B) 1500万円までは自己負担が3割で、それ以降の自己負担はゼロ

僕なら(A)だな、と思って読むと、氏があちこちで質問したところ9割以上がやっぱり(A)が良いと。

しかるに、現在の医療保険制度は(B)に近いカタチになっていると。


日本の医療制度には、高額な医療費の自己負担を避けるために高額療養費制度があるけれど、1回きりの手術や投薬を想定して作られていて、長期にわたって継続的にかかる医療費には対応していない、と述べる。

そこでちょっとシミュレートしてみた。

たとえば現在のところ70歳未満で所得区分が一般の場合だと自己負担の上限は

80,100円+(医療費−267,000円)×1%

もし仮に、入院・手術・退院後の通院などで3か月間病院にかかり、医療費が単純に月100万円だと自己負担額が3割で30万円、そして式にあてはめると、

80,100円+(100万円−267,000円)×1%=87,430円
これが3か月だから×3で、262,290円

(実際は、食事代やらテレビカードやら着替え、ちょっとした身の回りのものなど、チリも積もれば式でさらにお金がかかる。個室になれば差額ベッド代かかる。気づけばどんどん増えるのだ)

いまや、入院は比較的短く済んだとしても、長期間にわたる高額な薬の服用や、通院治療を伴う傾向になってきている。医療技術の発達でこれからますますこの傾向にあるだろう。


この日本の保険制度は現状に合っていないという松井氏は、政府もこの問題に気づいているはずで、それは保険財政の問題ではなく、システム改修費の問題だと指摘しています。



参考:厚労省HP

mineshingo at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 保険のこと | 健康のこと

お金を自分のために働かせる方法

金持ち父さんシリーズです。ロバート・キヨサキ【著】



この本は、BIG tomorrowで連載された内容を再編集したもので、今の情勢にうまく合うように構成されている。

最初から一貫している、キャッシュフロークワドラントの右側に居場所を変えよう。ということをここでも言っている。
ますます、ますますですす。ますます、富める者はどんどん豊かに、貧しい者はどんどん貧しく、という世の中になっていく。と述べている。

もちろん、彼は米国でのことを言っているのだけれど、文中のドルを円に、アメリカを日本に置き換えても十分そのまま通じるみたいに思える。

世界は情報時代になっているが、情報だけをいくら持っていても、それをうまく活用する知識がなければなんにもならない。ということを石油にたとえて説明している。

「石油は価値ある資源だ。油田を持てたらと憧れる人は多い。だが、油田をいくつも持っているからといって金持ちになれるわけではない。・・・原油を精製し、燃料を生産するための知識が不可欠だ。燃料ができれば、そこに価値が生まれ、きみを金持ちにしてくれる。だが、原油がなければ燃料が得られないこともまた事実だ」


キャピタルゲインを得るためではなく、キャッシュフローを得るために投資(お金を使う)しなければならないよ。
という。

ようするに、印税、家賃、配当金など、つまりは不労所得ですね。



今の自分にはあんまり関係ないなあ・・・と思った時点でぼくは金持ち父さんには遠いですね・・・。

mineshingo at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 本・雑誌(読みました!) 

2013年04月10日

ロスジェネの逆襲

(池井戸潤・著)

さすがに週刊ダイヤモンドに連載されていただけあって、痛快企業小説ですね。銀行と証券それに新興IT企業がからんだ買収案件。登場人物のキャラ設定もわかりやすくて。

それにしても主人公の半沢部長、理想の上司アンケートがあればベスト3には入るでしょうね。

「サラリーマンは、、いや、サラリーマンだけじゃなくて全ての働く人は、自分を必要とされる場所にいて、そこで活躍するのが一番幸せなんだ。会社の大小なんて関係ない。知名度も。オレたちが追求すべきは看板じゃなく、中味だ」



あと、『銀行員にとって最大の関心事は、人事である』という文もあった。

いくつかの銀行にかかわる小説を読んだけれど(高杉氏とか江上氏とか)、確かにそうかもしれないなと思う。現実の世界でもそうなんでしょうかね。僕は銀行員の経験はないのでわからないけれど。


小説の中で、顧客に

「保身を考える前に、顧客のことを考えていただけませんか。あなたがさっきから口にしているのは自分たちの都合ばかりじゃない。世の中の客商売で、自分たちの都合を言い訳にしているのは銀行だけですよ」

と痛烈なせりふを言わせている場面も。


最後に、印象的だったところをいくつか。

「仕事の質は、人生そのものの質の直結しますから」

「どんな小さな会社でも、自営業でも・・・・、結局のところ、好きな仕事に誇りを持ってやっていられれば、幸せだと思う」

「いつもフェアなわけじゃないかもしれない。だけどたまには努力が報われる。だから、あきらめちゃいけないんだ」

「仕事は客のためにするもんだ。ひいては世の中のためにする。その大原則を忘れたとき、人は自分のためだけに仕事をするようになる。自分のためにした仕事は内向きで、卑屈で、身勝手な都合で醜く歪んでいく。そういう連中が増えれば、当然組織も腐っていく。組織が腐れば、世の中も腐る」




そして、これは実は3部作でもあったのですね。

「オレたちバブル入行組」
「オレたち花のバブル組」

半沢直樹とその同期たちの今まで。読んでみたくなりました。






mineshingo at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 本・雑誌(読みました!) 
スポンサーリンク
月別アーカイブ